製麺所のラーメンを通販で!麺の秘密や歴史

麺の卸売業者、青木食産株式会社では、低加水麺・多加水麺など加水率の異なる麺を種類豊富に販売しています。100年余りの歴史がある製麺所として、熟練の技術で対応いたします。

製麺所のラーメンは、店舗だけでなく通販でも手軽に楽しむことができます。製麺所のラーメンがどのようにして作られ、何が美味しさの秘訣なのでしょうか?本記事では、製麺業界の市場動向や製麺機の種類や値段、湯切りの技術など、製麺所の麺づくりについて詳しく解説します。

また、麺の歴史についても触れ、麺文化の深さをお伝えします。製麺所のラーメンの美味しさをより深く理解し、自宅でも本格的な味わいを楽しむために、ご参考いただけましたら幸いです。

麺の卸売業者・通販が伝授!
製麺業の市場動向や値段・湯切りの意味と麺の歴史

「時短」という言葉が広く使われていますが、ラーメンの世界にも時短の波が押し寄せています。茹で時間や食べる時間を短く済ませられる、時短の食事「カップ麺」の人気が上昇してきています。

ラーメンの通販をおこなう製麺所、青木食産株式会社が、製麺業界の現在の動向や今後について解説します。また、麺の歴史についても解説。日本で最古のラーメンは、室町時代に食べられたことが記録されています。室町時代から令和の現在に至るまで、ラーメンがどのように広まっていったのかも知っておきましょう。

【製麺所のラーメン通販】価格競争の激化!製麺業の市場や値段の動向、製麺機の価格を紹介

ラーメンは安定の人気ぶりですが、実は現在はカップ麺の需要が増えてきていて、製麺所は減少傾向にあります。製麺業界の動向について見てみましょう。また、製麺業界の課題や、商品開発についてもご紹介します。

【製麺所・通販】製麺業界の市場動向

【製麺所のラーメン通販】価格競争の激化!製麺業界の市場や値段の動向をご紹介

市場での麺類の人気は年々上昇している傾向が見られますが、実は製麺所は減少してきているのです。近年では特にカップ麺の需要が増えてきています。ラーメンを茹でる手間がなく、すぐに食べられるのが人気の要因のようです。製麺業にも広がる時短の波はどのような影響を与えているのか、動向を解説します。

1.製麺業界の課題

製麺所が減少してきている理由は、食文化の変化や中元歳暮などの需要が減ってきていることが挙げられます。ギフトに関しては、近年では法人の市場が減少傾向にあり、法人需要の影響が大きいと考えられています。このように様々なライフスタイルの変化とともに、価格競争でも市場環境は厳しい状況といえるでしょう。

2.商品開発は時流に合わせる

厳しい状況の中であっても、着実に売り上げを伸ばしてきている製麺メーカーもあります。成功の秘訣は、時流に合わせた商品開発です。市場の流れをいち早く商品に取り入れ、カップ麺などの時短商品の開発とともに、商品のリニューアルなどによって業績を上げています。

3.製麺業界で進む時短

共働き世帯の増加などライフスタイルの変化により、今後はますます時短と即食の商品が注目されるでしょう。製麺業界に限らず、これはその他の分野にも当てはまります。

製麺業界では製麺所や製麺メーカーなど、業者の数が多く競争が激化してきています。時短即食が人気でありながら、ラーメン店においては自社製麺に人気が集まる傾向も見られます。製麺業界の現状について見てみましょう。

1.店舗での製麺が人気

個人経営のお店でも、小型の製麺機を使用して店舗で製麺を行うラーメン店が増えてきています。店舗で製麺を行えばオリジナルの麺をつくれるため、話題性もあり好評なのです。今後はさらに増えていくことが予想されます。

2.多くの業者で競争が激化

製麺業界では中小の事業者が多いうえに、事業内容が似通っています。サービス内容や商品、価格など他社といかに差別化を図るかが大きなポイントです。

3.縮小する市場

競争の激化が避けられない状況の中、市場が縮小してきていることも問題です。市場や販売経路を新たに開拓していくことが重要といえるでしょう。通販に乗り出す事業者も増えてきています。

ラーメンの麺を製麺所から仕入れるなら青木食産株式会社!製麺機の種類や価格

【製麺所のラーメン通販】製麺機の価格相場

製麺機とは、ラーメンやパスタなどの麺をつくる機械です。お店によっては手作業で麺をつくっているケースも見られますが、労力やコスト削減を考えるのであれば、製麺機の導入を検討するのもおすすめです。製麺機について、種類や値段についてご紹介します。

卓上タイプ製麺機の特徴と価格

小型で軽量であることが特徴の業務用製麺機です。小型なので場所を選ばず、狭いスペースでも麺づくりをしたい方におすすめです。従来の製麺機と比べて、値段の安さも魅力です。卓上タイプ製麺機の販売価格は、25万円から90万円ほどなので、個人経営の店舗でも購入しやすい価格といえます。リース契約だと1か月あたり約1万円です。

中小規模店舗用製麺機の特徴と価格

卓上タイプの製麺機と比べて、はるかに大型です。スペースの確保も必要となります。販売価格は100万円から200万円ほどが相場です。リース契約だと、1か月あたり3万円から4万円ほど費用がかかります。購入金額が気になる場合は、リース契約を検討するか、ラーメンの製麺所を利用するのがおすすめです。

上記が製麺機の種類と値段ですが、不要になった製麺機は買取業者に買い取ってもらうのがおすすめです。買取は製麺機のメーカーや年式、状態によって買取価格が決まります。相場は20万円から40万円ほどですが、古いものや状態が悪い製麺機だと10万円以下になることもあり、逆に新しく状態のよいものだと50万円ほどで買い取ってもらえるケースもあるようです。高額な製麺機ですが、使わなくなったら買取に出せると考えると、少しは心が軽くなるかもしれません。

少しでも高く買い取ってもらうためには、買取の際にはキレイに掃除をし、落とせる汚れはすべて落としておきましょう。また、悪徳業者に騙されないよう、信頼できる業者に買取を依頼することが大切です。

また、製麺機を導入することは魅力的ですが、手間がかかるのは仕方がありません。手間なく美味しい麺を手に入れたいのであれば、ラーメンの製麺所を利用するのもおすすめです。製麺所によっては、美味しい人気の麺を通販で提供しているケースもあります。そちらの利用も検討してみるとよいでしょう。

【製麺所のラーメン通販】麺は湯切りがポイント

ラーメン店で湯切りをしているのを見かけます。パフォーマンスのように派手な動きで行っているラーメン店もありますが、実は湯切りには意味があり、大きな動きも決してムダではありません。ラーメンの湯切りの意味や麺の歴史についてご紹介いたします。

【製麺所のラーメン通販】湯切りの意味

麺の種類や価格もチェックしよう!製麺所の美味しいラーメンを通販で注文するなら青木食産株式会社へ 湯切りの意味

ラーメンなど麺が茹であがったら、水分を落とすことを「湯切り」といいます。なぜ湯切りをするのか、湯切りには意味があります。

1.ラーメンのスープが濁って味が薄まることを防ぐ

多くのラーメン店では、麺だけでなくスープにもこだわっています。湯切りをしない麺をスープの中に入れると、スープが濁って味が薄くなってしまいます。スープが薄くなって味が落ちることを防ぐために行う湯切りは、水分を落とせばよいというわけではありません。店の誰が湯切りをしても、スープの味が一定に保たれなければならないのです。そのためには、湯切りの回数や手の高さなどが揃っていなければなりません。ただ水分を落とすだけでなく、湯切りもラーメン職人の技が必要とされています。

2.麺のヌメリを落とす

麺は小麦粉でつくられているので、ゆであがった状態だと麺にヌメリがあります。ヌメリがついたままの麺は、味も食感もよくありません。湯切りには、麺についたヌメリを落とす意味もあるのです。

上記のように、スープが薄まらないように、麺のヌメリが落とせるように湯切りを行います。お店によっては本来の目的のほかに、パフォーマンスの意味を持たせていることもあります。ダイナミックな動きで湯切りを行うと回数が少なく済むので、パフォーマンスとしての湯切りも意味なく行っているわけではないのです。

【製麺所のラーメン通販】麺の歴史

【製麺所のラーメン通販】麺の歴史

日本でラーメンが食べられたというもっとも古い記録は、1488年の室町時代です。中国の「居家必要事類」という家庭百科事典のレシピを元につくったラーメンを、客人にふるまったと記録されています。このときのラーメンは「経帯麺」と呼ばれるものだったのですが、なんと現在のラーメンとほぼ同じもので、かん水を使ってつくられたことがわかっているのです。

今後、さらに古い記録が出てくるかもしれませんが、現在では2017年に判明した室町時代という記録が最古のものとなっています。

ラーメンが現在のように広く一般に普及したのは、明治時代に入ってからのことです。ラーメン普及のきっかけとなったのは、横浜と神戸の中華街で中国の料理人がラーメンをつくり始めたこととされています。当時はラーメンとは呼ばれず「南京そば」と呼ばれていたようです。

横浜と神戸から始まったラーメンが全国へと広がっていったのは、1923年の関東大震災がきっかけとなっています。多くの建物が倒壊し、多くの人が被災しました。建物がなくても販売できる移動式の屋台として関東から始まり、全国へと広がったのです。

ラーメンは戦後の食糧難によって、全国への広がりを加速させました。食糧難のなかでもラーメンは安い材料でつくることができ、低価格でありながら少しの量でも満腹感を得られることも人気の理由でした。ちょうど戦後のこの時期には、中国から引き揚げてきた大勢の人たちがおり、中国からラーメンのレシピを覚えて帰国してきたのです。全国の闇市で、ラーメンは人気となりさらに各地へと広がっていきました。

製麺所の美味しいラーメンを通販で!製麺機の価格もチェックしよう

こちらでは製麺業界製の市場動向や製麺機の価格、またラーメンを調理する際に欠かせない湯切りの意味について紹介いたしました。

製麺所やラーメン店などのほか、製麺メーカーなどで麺がつくられています。製麺業の市場動向や今後の課題について知り、製麺業界の今後について考えてみましょう。

また、美味しいラーメンづくりに欠かせない製麺機の、種類や価格をチェックしてみてください。必要なくなったときには業者に買取を依頼するのがおすすめです。

福岡にある製麺所の青木食産株式会社では、オリジナル麺など細かい注文や特注も承っております。美味しいオリジナル麺の企画や製麺は全国に対応が可能です。ラーメンなど麺の制作や仕入れにお困りの方は、製麺所のラーメンを通販で仕入れてください。

卸売麺(ラーメン・つけ麺・中華麺など)の仕入れなら製麺所・青木食産株式会社の通販で!

会社名 青木食産株式会社
代表取締役 青木 慎
住所 〒814-0123 福岡県福岡市城南区長尾1丁目8−20
電話番号 092-864-3044
FAX番号 092-864-1924
事業内容 製麺製造卸
主な製品 ラーメン・うどん・そば・ちゃんぽん・やきそば・生パスタ
URL https://aoki-syokusan.com/