【福岡市】オーダー麺を製麺所に依頼・特注する前に知っておきたいポイント 業務用麺

福岡市でオーダー麺を購入したい方、特注や業務用の麺を製麺所に依頼したい方は、中華麺についての知識をある程度蓄えておく必要があります。その上で、信頼できる製麺所を選ぶことが大切です。こちらでは、福岡市の青木食産株式会社が、オーダー麺を製麺所に依頼する前に知っておきたいポイントをご紹介いたします。青木食産株式会社は福岡市外からのご注文も承っていますので、理想の一杯を作りたいとお考えの方はぜひご参考ください。

中華麺の質感・コシは小麦粉の「灰分」と「蛋白」で決まる!

機械を通す麺

中華麺の質感やコシを決める大事な数値として「灰分」と「蛋白」があります。この2つは小麦粉に必ず記される成分で、この配分によって中華麺の性質が変わってきます。

まず、灰分とは、小麦粉に含まれるミネラル分のことです。灰分が多いとくすんだ色になり、少ないと真っ白な小麦粉になります。蛋白は、小麦粉に含まれるたんぱく質のことです。グルテンの素なので、中華麺のコシの強弱を左右する大事な数値です。

灰分も蛋白も少ない小麦粉は上級粉と呼ばれます。中華麺に使用される小麦粉は、強力粉と中力粉のグルテンを含む「準強力粉」が一般的ですが、中には強力粉と薄力粉を混ぜて作る中華麺もあります。

福岡市で特注のオーダー麺や業務用の中華麺を作っている製麺所をお探しなら、福岡市の青木食産株式会社をご検討ください。老舗の製麺所で信頼も厚く、全国どこでもサンプル麺を無料で発送いたします。サンプル麺のご依頼はこちらからご連絡ください。

中華麺の正しい保存方法と賞味・消費期限

麺の保存

オーダー麺を依頼する前に、中華麺の正しい保存方法と賞味・消費期限についても確認しておきましょう。

中華麺の正しい保存方法

中華麺の保存方法は、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存の3通りあります。中華麺のベストな保存方法は、冷蔵保存です。すぐにその日の分の麺を使い終わってしまう場合は常温でも構いませんが、できるだけ冷蔵保存することをおすすめします。

また、最適な状態のまま保存したいという方には、冷凍保存もおすすめです。冷凍した中華麺を使う際は事前に解凍せず、冷凍された状態のままゆでるようにします。

中華麺の賞味・消費期限

中華麺の賞味・消費期限は以下の通りです。

・賞味期限

夏場:製造から2週間程度

冬場:製造から3週間程度

・消費期限

夏場:製造から18~21日

冬場:製造から27~30日

賞味期限は、正しい方法で保存した場合、安全性や味、風味などを損なわずに品質を保持し、美味しく食べられる期限です。一方、消費期限は、正しい方法で保存した場合、腐敗や品質劣化によって安全性を欠く恐れがないと認められる期限です。消費期限は過ぎてしまうと食べることはできないので注意しましょう。

オーダー麺、特注や業務用の中華麺の製造を依頼できる福岡市の製麺所をお探しなら、青木食産株式会社にお任せください。製麺のプロが、素材はもちろん工場内の温湿度にまでこだわり最適な麺を提供いたします。

オーダー麺をさらに美味しく提供する方法

中華麺をオーダーしてお客様に提供する際、冷蔵保存の麺はあまり日持ちしないため、早めに提供することが大切です。また、冷凍保存の場合は冷蔵保存と比べて日持ちはしますが、長く置いておくと冷凍やけを起こし、品質が損なわれることがありますので注意しましょう。

福岡県福岡市でのオーダー麺、業務用、特注の麺の製造依頼は青木食産株式会社が承ります。麺へのこだわりは、こちらからご覧ください。

製麺所に特注や業務用の麺をオーダーする前に知識を!福岡市の青木食産株式会社

中華麺に使われる小麦粉の配分や賞味・消費期限など、知っておいた方が良いことはたくさんあります。製麺所にオーダー麺や特注、業務用の麺を発注する前に、中華麺について知っておくと安心です。また、わからないことがあれば製麺所にご相談ください。

福岡県福岡市で100年余りの歴史がある製麺所青木食産株式会社では、オーダー麺、特注・業務用の中華麺などを製造いたします。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらへ

福岡市でオーダー麺のご依頼は青木食産株式会社へ

会社名 青木食産株式会社
代表取締役 青木 栄二
住所 〒814-0123 福岡県福岡市城南区長尾1丁目8−20
電話番号 092-864-3044
FAX番号 092-864-1924
事業内容 製麺製造卸
主な製品 ラーメン・うどん・そば・ちゃんぽん・やきそば・生パスタ
URL https://aoki-syokusan.com/